パッソ 買取相場

2代目

トヨタのあたらしいコンパクトカーとして、ヴィッツよりもさらにコンパクトなボディを持つとされていたプチトマトのコマーシャルで有名なパッソが、初代の発売からおよそ5年半後の2010年に2代目へとフルモデルチェンジを果たしました。この2代目パッソにおいては、先代のパッソが女性のユーザーを多く取り入れることを意識していた車作りをしていたこともあって、今回は企画の段階から女性のスタッフが中心となって、女性目線でのクルマの開発を第一にかんがえられたプロジェクトが進められていきました。先代の初代パッソではフルモデルチェンジする前でも5000台をコンスタントに一月に売り上げていた人気車種であったことから、キープコンセプトでの開発がすすめられました。プラットフォームもホイールベースも先代とほとんどおなじとになっており、こうしたコンパクトカーが年月をかさねるごとにしたがって大きくなっていくのに対して、パッソはそうした大きなサイズになることになるコンパクトカーの取りまわしのよさが無くなりがちなデメリットをあたえないようにして、前述のようにサイズを先代となるべく同じようにするように心がけ、コンパクトボディを売りにしています。

2代目 関連コンテンツ

先代からの進化
日本の自動車市場において、今の時代にはコンパクトカーが需要のあるジャンルの自動車として知られています ..... >> 続きを読む

内外装のデザイン
先代の初代パッソにおいて重視されたポイントのひとつとして「女性ユーザーの獲得」というものがありました ..... >> 続きを読む

おもな機能
自動車の中で、その機能にほれ込んでその自動車を選んだというユーザーは少なくありません。荷物が多く積み ..... >> 続きを読む
 

サイトマップ

FX売買損益