パッソ 買取相場

先代からの進化

日本の自動車市場において、今の時代にはコンパクトカーが需要のあるジャンルの自動車として知られています。しかしながら、そうしたコンパクトカーのフルモデルチェンジが進むにしたがってボディが大きくなるという傾向が見られるようになり、結果としてコンパクトカーのメリットである取り回しのよさや、ボディサイズの肥大化から来る燃費性能の低下が見受けられるようになりました。しかし、2010年に発売したこの2代目パッソはそんなコンパクトカーの傾向を見て、先代のパッソとプラットフォームをおなじものを使ったり、ホイールベースも初代パッソとなるべくおなじ寸法にして、ボディサイズの大型化を避けるようにしています。これが先代からのパッソの進化点のひとつであり、トヨタの努力のひとつでもあるのです。それから先代から進化したポイントはまだあり、エンジンにデュアルVVT−i(吸排気コンピュータ制御システム)を採用してトランスミッションにはCVTを採用しており、それによって燃費性能の向上がなされています。またVSC(エンジンとブレーキの制御装置)とTRC(アクセル操作アシストシステム)を搭載し、さらなる燃費の向上がはかられました。

 

サイトマップ

FX売買損益