パッソ 買取相場

初代

ヴィッツよりもさらにコンパクトなボディを持つコンパクトカーとして、2004年に初代パッソが誕生しました。もともとこのパッソと言うコンパクトカーは、ダイハツから「ストーリア」、トヨタからは「デュエット」として発売されていたコンパクトカーの後継車種として開発がされたと言うバックグラウンドがあります。このパッソでもトヨタとダイハツの共同開発の車種とされており、企画をトヨタが担当して、開発と生産はダイハツが担当することになりました。なので、ダイハツから発売されている「ブーン」と言う自動車とは双子車の関係にありますが、OEMと言う関係ではないのです。要するに、このパッソはトヨタがダイハツに生産の委託をして開発された自動車と言うことになります。パッソを開発するに当たって重視したポイントのひとつには「女性ユーザーの取り込み」というところであり、女性に多く乗ってもらえるようにダッシュボードに携帯電話などの小物を入れることが出来るようなスペースを作ったり、運転席と助手席のあいだのスペースにバッグを置けるようになっていたりと、小物をバッグに入れて持ち歩くことの多い女性のそうした傾向をかんがえてつくられているのです。

初代 関連コンテンツ

ヴィッツとの関係
テレビコマーシャルの「パッソプチプチプチトヨタ」というキャッチフレーズで有名になったトヨタのあたらし ..... >> 続きを読む

TRDスポーツM
自動車メーカーが開発しているのは、今のご時世においてはコンパクトカーや軽自動車が多いという事実は否め ..... >> 続きを読む

トヨタの小型車として
コンパクトカーの需要が高くなった今の日本の自動車業界では、各自動車メーカーがそうしたコンパクトカーの ..... >> 続きを読む
 

サイトマップ

FX売買損益